胃カメラと言うと大変そう、嗚咽が激しそうなど、検査を受ける前は嫌なイメージがよぎると思うのですが、現在ではもっと楽に検査が出来る様になっています。例えば、鼻からカメラチューブを入れるタイプであれば、全身麻酔を行なわないので、検査中に自分自身でも胃の画像を見ながら先生と話をする事が出来たりします。鼻にチューブを入れる際に局部麻酔をする位なので、検査後麻酔が切れるまでの時間拘束も無く、身体に優しく、時間短縮で検査が出来るのでおすすめです。もちろん、鼻からのチューブが鼻腔よりも太かったり入らなかったりする場合や、寝ている間に終わらせたいと言う時には全身麻酔での口からの胃カメラ検査も選ぶことが出来るので、どちらが絶対に良いと言うことでは無いので、自身の体調などを加味して、検査前に先生と良く相談すると良いでしょう。

胃カメラによる検査について

胃カメラとはカメラの付いた内視鏡を口や鼻を通じて胃の中に入れ、その状態をモニターに映し出して確認する検査を意味します。細いものであれば直径が5ミリと小型であるため、体にあまり負担をかけることなく検査を受けることができるようになりました。また機械の小型化に加えて鼻からの検査の際には麻酔剤が使われるため、さらに痛みは軽減されるため安心して受けることができます。口からの検査であれば、検査の際にポリープなどの異変が発見された場合には、検査と同時に切除したり細胞を採取したりする処置も行うことができるというメリットがあります。この検査には保険が適用されるため、わずかな自己負担で胃カメラの検査を受けることができます。定期的にこの検査を受けることで、病気を早期発見することができるため、ぜひ受けてみることをおすすめします。

胃カメラ鼻にいれる麻酔は苦い

胃カメラをすると胃の中の状態がきれいに見えるためとても分かりやすいです。鼻から入れるため先生から状態を見ながら話を聞く事ができます。鼻からする場合は片方だけジェル状の麻酔をいれますが、少し苦いです。注射器のようなものを使って注入してもらうため最初は注射で麻酔をすると勘違いしてしまいますが、そうではありません。麻酔を入れるだけですから痛みはないでしょう。ただそれからしばらく麻酔がきいてくるまで上を向いて待たないといけません。多少退屈ですが、じっとしているだけですしそれほど苦痛ではないでしょう。またその間に少し麻酔が喉に流れ込みますがそれが少し苦いです。仰向いているため鼻血などと同じで喉に流れ込むようです。ただそれも特に問題ありませんからある程度は我慢するしかないでしょう。その後はカメラを入れて検査になります。