現代は胃の痛みや違和感に悩んでいる人が増えており、胃カメラによる検査を受けたいと希望している人が増えています。検査の方法は2種類あり、経鼻内視鏡と口腔内視鏡があります。初めて検査を受ける場合は、経鼻内視鏡のほうが負担が少ないですが、鼻出血をする場合があるので、血液が止まりにくい人や、肝臓病の人は、検査が受けられなくなっています。胃カメラはバリウムに比べると、精度の高い検査が受けられるので、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、胃炎などの病気の他に、胃がんなども早期発見ができます。胃カメラの先端から異常のある部分は、粘膜を採取できますし、内視鏡による手術も可能になっています。検査を受ける当日は、食事は取らないようにして、ゆったりとした着脱のしやすい衣類を身に付けておく必要があります。局部麻酔を行うので、恐怖心の強い人も安心です。

胃カメラの性能について

胃カメラの性能について、経鼻胃カメラの検査は口から入れるよりも、メリットは、苦しくない、バリウムを飲まなくて良い、嘔吐しにくい、検査中でも会話が出来ます。メリットが最大限に活かされており、実用的です。細いスコープを鼻から挿入して食道、十二指腸まで観察できるようになっています。検査時間は5から10分程度です。麻酔の時間を含有すると30分位です。従来の検査よりも気軽に精密に受診できるとされており、評判です。予約待ちの所が多いですが、精密に検査できてより、異常を発見できると人気です。保険適応で検査料金も3000円~7000円前後となっています。健康診断を目的とした場合は、目安は12000円前後となっています。他にも状況によって、検査料金がプラスされる場合があります。生検、内視鏡治療、初診料や再診料、内服薬等、プラスされる料金設定です。酷い蓄膿症や鼻炎等の場合、出来ない場合は、口からの検査となります。

胃カメラの検査について

健康診断などでよく、胃カメラを使用した検査が行われます。この検査を苦手としている方が増加している傾向にあります。その理由は、「苦しい」ということです。胃カメラを飲む際に、苦しく感じる理由は、「咽喉反射」という現象です。これは、一種の神経反射です。年齢を重ねるごとに反射は少なくなるので、50代にもなれば、楽に検査をすることが可能です。具体的な検査の流れは、まずは、バリウムという造影剤をのみ、内部が画像に映りやすくします。麻酔剤を投与しますが、注射ではなくゼリー状のものを5分から10分程度口に含むだけの簡単な処置です。また、喉にスプレー麻酔をする方法もあります。次に、胃の動きを和らげる注射をした後に、実際の検査に入っていきます。胃カメラの検査が苦手な人は、事前に飲む練習などをして、当日に備えることも大切です。