胃の状態を詳しく調べてガンの存在を正確に知るためには、胃カメラとバリウムによる検査の両方を行なうことがベストと言われています。それは、胃がんの種類や進行度によってどちらかの検査では確認できない場合があるからという理由からです。通常はバリウム検査を行なって気になることがあれば二次検診で胃カメラによる内視鏡検査を行ないますが、初めから胃カメラを選択する人もいます。中高年になるとほとんどの人が内視鏡検査を希望するそうです。しかし、それで完璧と思っていたら確認できな胃がんが潜んでいたら困ります。バリウム検査は気軽にできる検査ですから、日を改めて両方の検査をすることでとりあえず半年もしくは1年間は安心できるのではないでしょうか。両方の検査を行なうのは、あくまでも自己申告による方法ですから、医療機関と良く相談しながら決定することが望ましいでしょう。

胃カメラの性能について

胃カメラの性能はより大きさよりも、小さなタイプが主流となってきました。従来よりも小さなタイプの方が患者の体の負担も少なく、検査時間も短くなり、気軽に受診できるようになってきました。又、多くの検査項目でも、気軽さが負担なく受診できるとされています。人間ドックでも発見されにくい検査でも、優れた性能が発揮できるタイプが登場しており、胃の異常や胃の状態を早期発見できるようになってきました。より多くの人が利用してきて安心して、受診できるようになってきました。又、多くの人が負担なく受診できる大きさとなっており、画期的となっています。従来の口から挿入するタイプと違い、他の部位から挿入するタイプなので、患者の負担なく検査できるメリットを活用できるようになってきました。又、多くの人に負担なく行われる検査方法ですし、安全です。

胃カメラは腕がいいと評判の病院で

胃カメラが好きという人はいないでしょうが、検査が必要な場合は覚悟を決めて挑みましょう。評判のい良い腕利きの医師がいる病院で受けることをおススメします。最近では胃カメラも小さくなり楽になったとはいえ、やはり狭い喉の奥をくぐるのですから、苦しいですよね。時間は15分程度ですが、初めての場合はとても長く感じます。喉の麻酔で多少和らぐはずですが、緊張を伴うため、結構苦痛に感じますね。病院によっては、全身麻酔で眠らせてくれるところもあります。しかし、麻酔には麻酔のリスクがあることは知っておいてください。その上で選択するとよいでしょう。健康診断で胃のレントゲンを撮りますが、ポリープらしきものがあることがわかっていたら、直に胃カメラでの検査がスムーズですね。肉眼でモニターを見ることもできるので、よりわかりやすい検査と言えるでしょう。